So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

12月5日 ナゴヤ参戦日記① [ライブの嵐]

終わりました。私の夏が。

さびしいけど そうでもない

終わりは次のスタート。

また来年来るであろう 夏のために 私もがんばる。

そう誓ったし、そう思わせてくれたライブでした。




ドームでのコンサート初体験

国立は広くあの解放感と

移りゆく空が天然スクリーンとなりいろんな色や景色を楽しませてくれる

ドームはどうなんだろう…

そんな思いで望むライブ

まだ始まる前 暗くなる会場に緑のライトが揺らめき 大きな空間を包み込む

まさしくドーム という言葉を感じさせてくれました

国立の解放感とはまた違った 幸せを閉じ込めておくための光の膜 その中に包まれ幸せをしっかりここでは体感できることもわかりました

カウントダウンと共に表れる映像 

0になった瞬間にまばゆい光と白いスモークの中から現れた

5人の幸せを運んでくる使者

これだけですでに気持ちMAX状態

カッコよく踊り

爽やかに微笑み

優しく手を振る

そのたびに 溢れて来る 幸せ 

それでもバックステージ近くの1塁側の自分 

メインステージは正面ではあるけどまだまだ遠かった

翔くんのソロが終わり

サイドのステージに現れる4人
Let me down

ここからの大人チックな歌の流れ個人的に好きなのです

そして中央に集まり 中央ステージにくっついていたムービングステージに移る5人

もしや… もう期待で心臓ヒートアップ状態

動いた~

私の好きな

凄く楽しみにしていた

マダ上ヲ!


緑の海原に浮かぶ 空飛ぶじゅうたん

アラジンではなく

5人の王子たち が近づいてくる


そして

kageroまで 踊る踊る


膝の曲げ方 腕の振り方 ターンの仕方

一つ一つに心ゆさぶられている

 

そして 左右に分かれ

それぞれ1人用トロッコに乗り込み 

Oh Yeah!


ここで初めて翔くんが3Dで感じられました。

目の前で乗り込み アリーナ通路へと 
その時 白く透き通り すこしとがり気味の顎のライン 

生翔くんだ~~


と感動している間もなく潤くんが~~


キャ~

このトロッコに乗ったメンバーと目線の高さがほぼ同じ


潤くんこっちを見てるよ~

娘は「撃って」私は「指さして」のうちわ


次の瞬間 

潤くんの たしか左指から

放たれた矢が

娘のハートを射抜きました

まぁ くっついていた私も自分のことかと思いましたが…


思わず娘と顔を見合わせ その次に同じ行動をしました


それは後ろを振り返ったのです


そう。

同じような内容のうちわの人がいないか?

確認したのです。


いない。


もうしばらくはこの時の余韻に浸っていて覚えていません。



そして大ちゃんのソロ


ここまで思いっきり手を振ったり歌ったりしていましたが、

一瞬たりとも見逃したくなく

人形のように動きが止まりました


クイックイッと動く 膝と腰

サイドに伸ばす 腕

そこからすーっと伸びる 指先までの

しなやかすぎるほどの 動き

と共に 

熱く しびれる何かが

私の体中駆け巡るのを感じました


しかし隣のニノ担の娘

潤くんの矢に浸みこんでいた薬のせいなのか
大ちゃんのソロ あんまり覚えていないらしいです  


潤くんの放つ矢の威力は

そうとう強烈だったようでした


つづく…


nice!(2)  トラックバック(0) 

nice! 2

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。